億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


僕は大企業に勤めています!

 

僕は大企業に勤めています。

 

って、言われたら、なんか苛立ちませんか?

 

はい?

 

勤務先なんてしらんがな。

 

あなたの自分自身の話をしなさいよ。

 

と、思うと思う。

 

趣味とか家族構成とか生い立ちとか。

 

運用額の話題なんて、特に素敵ですね。

 

へー、5,000万円も運用しているんですか!

 

資金はどうやって捻出したんですか?

 

ガス無し生活を送る?

 

寒いときには部屋でテントを張る?

 

それ物凄いですね。

 

それで、どのように運用を?

 

アメリカ株? 日本ですらないんですね。

 

トランプさんが無茶しそうで怖くないですか?

 

・・・このように。

 

それはそれは話が盛り上がること請け合いです。

 

 

 

僕の勤務先は結構な大企業です。

 

給料もいいし、福利厚生もちゃんとしている。

 

威張り散らす嫌な上司も少ないです。

 

少ないだけです。

 

いるにはいる。

 

嫌な奴との遭遇は、社会生活を送るうえで避けられない。

 

周囲の同僚はまともでいい奴ばかりですが、大企業病に感染しがちです。

 

前例を踏襲してばかりで革新的な挑戦をしない?

 

そのようなテッパン事例はもちろんです。

 

もはや問題だとすら思っていません。

 

同僚にまん延している大企業病は、企業の規模と自分の価値を同一視してしまう病気です。

 

優良企業に勤務しているから、自分も大した人物だと思ってしまう。

 

大企業で働く俺、優秀~♪

 

もうね、勘違いが甚だしい。

 

就職なんて、面接さえうまくこなせれば大丈夫です。

 

企業が募集する人物像を装ったり、面接官が好みそうな話し方に切り替えたり。

 

巡り合わせの妙もあるでしょう。

 

いずれにせよ、人物としての崇高さとは関係がないのです。

 

そもそも、大企業の勤務体制に適合するのって、組織に従順で染まりやすい人ですからね。

 

サラリーマン気質ってやつ。

 

それって、褒められているのか。

 

周囲の状況を鑑みず、自身が望む方向に突き進む人のほうが魅力的な気がします。

 

唯我独尊。

 

釈迦とかジョブスとか。

 

一緒に働くのは大変そうだけど。

 

 

 

勤務先と自分を同一視してはいけません。

 

それって自分を喪失する行為だからね。

 

意識して切り離したほうがいい。

 

優良な企業は、創業者や先駆者たちが立派なのであって、僕たちはなにも貢献していません。

 

同様に劣悪な環境で働く人も、自分を卑下する必要はない。

 

せっかくの機会だと思って、勉強したり挑戦しなおしたりして、次のステージに進めばいいのです。

 

僕たちの価値は、務める会社では決まりません。

 

勤務先の規模と自分の価値とを取り違えるような、はき違え人間になってはいけない。

 

あくまでも自分を構成する要素の1つとして勤務先を利用できるよう、強く自分を持ち続けましょう。