億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


30万円以下達成!】5月の家計

 

5月の家計支出は目標を大きく下回り、30万円を割り込むことに成功しました。

 

ついにやりました! 

 

目標にしている支出月額は35万円です。

 

2020年に入ってからの家計推移はこちら。

 

1月 437,994円

2月 391,339円

3月 609,222円

4月 424,763円

 

まったくダメでした。

 

3月なんて61万円です。

 

富豪クラス。

 

当時の記事で振り返ってみると、子どもの年間通信教育代とエアコン設置、それからKyashの不正利用が要因です。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

そうだね、そんなこともあったね。

 

様々な困難を乗り越えて、今月の家計があるのです。

 

 

 

5月の家計は、こちらです。

 

5月 299,211円

 

30万円まで残り689円。

 

ぴゃおりゃん!

 

中旬には30万円を割り込めそうなことを把握していたので、妻と相談し、徹底的に支出を削減しました。

 

残り3日で1,705円だったときには震えたね。

 

毎朝の習慣になっているヨーグルトを中断し、予定した子どもたちの肌着の購入を控えました。

 

欲しかった近所用スリッパも我慢したし、故障したケトルの買い替えも見送っています。

 

苦労の末に達成した30万円の割り込み。

 

とても嬉しいです。

 

いくつかの支出は来月に繰り越されるだけですが、楽しかったらいいのです。

 

絶対に必要なものだけをホワイトボードに書き出し、計画的に出費を行いました。

 

記入漏れしているレシートがないか、カバンや財布のなかも徹底的に確認しました。

 

このように、ゲーム感覚での節約を経て経済的自由へと導かれるのです。

 

 

 

1万円以上の支出内訳はこちらです。

 

家賃 80,220円

食費 73,115円

自動車維持費 59,569円

日用品代 28,846円

水道光熱費 21,724円

医療費 15,546円

 

特に高かったのは、自動車の維持費です。

 

自動車税で52,200円も支払っている。

 

我が家は子どもが多いので大きめの車を保有していますが、ちょっと考えないといけません。

 

自動車税は毎年発生するので看過できません。

 

保険加入も必要だし。

 

対して、抑制に成功した支出は食費と教育費です。

 

まずは食費。

 

前月までの平均と比べて、25,000円ほど安く抑えられています。

 

コロナ自粛の功名です。

 

ステーキにお寿司、高級食パン。

 

美味しいものをたらふく食べましたが、すべて自炊。

 

家ご飯を徹底することで、幸福度を高めながらも安価に済ますことが可能です。

 

続いて教育費。

 

45,000円ほど安くなっています。

 

貢献したのは子どもの塾代です。

 

非常事態宣言により習い事が停止されたため、費用が浮いています。

 

教育費がいかに家計へのインパクトを与えていたのか。

 

学習の機会を用意するのは親の務めですが、子どもたちが気乗りしていない習い事は容赦なく辞めさせようと思います。

 

その分の時間は公園で遊んでいればいい。

 

自然との触れ合いが、なによりの学習です。

 

という親の言い訳。

 

 

 

5月の家計は出費要因と抑制要因が均衡し、30万円台を割り込むことに成功しました。

 

6月も継続して今までの過剰出費を挽回していきたいところですが、ちょっと難しそうです。

 

車検が予定されている。

 

うーむ。またも自動車関連。

 

駐車場代も発生しているし見切りをつけたいところだけど、郊外に住んでいる家庭持ちには車は必須なのです。

 

株式だな。

 

配当金を獲得して、車検代が露ほどに感じられるようになれるよう頑張ろう。

 

ついでに、ケトルも買い換えよう。

 

この調子で6月も頑張ります。