億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,100万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


南欧の陽光

 

夏は有休の季節です。

 

子どもが夏休みだから一緒に遊べるし、同僚も時期をずらして夏季休暇を取るから目立たない。

 

同僚が上司に休暇の相談をしに行ったしばらく後を見計らって。

 

それ! 今だ!!

 

・・・。

 

気を使わないと取得できない有休ってなんなんだろう。

 

申し出て許可を頂かなければいけない。

 

労働者に与えられた権利とは。

 

はぁ。

 

まあいいや。

 

疲れているので有休を使っていますが今年はワクワクできません。

 

子どもたちが、いない。

 

新型コロナによる学校閉鎖の影響で短い夏休みなのです。

 

2週間。

 

それでも長いけどね。

 

いつもは5週間。

 

フランス人クラスのヴァケーションです。

 

ニースで日焼けできちゃうね。

 

 

 

1人で休みを過ごそうとしていた僕に、長男が人形を用意してくれました。

 

ソファーの周りにクマさんやディズニーキャラクターたちが配置されている。

 

寂しくないようにとの配慮です。

 

ありがとう息子。

 

小学2年生になってもぬいぐるみを慈しむ心にお父さんは慰められるよ。

 

写真も準備されています。

 

旅先で購入した写真立て。

 

寂しくなったら見るといいよ。

 

なにその優しさ。

 

ありがとう長男。

 

その純粋さ、誰の遺伝子を引き継いだんだろう。

 

 

 

純粋になってみればいいじゃない。

 

会社の机に家族の写真を並べてみる。

 

ついでにクマのぬいぐるみも置いておけば完璧です。

 

肩の力が抜けて、仕事の質が上がっちゃうかもね。

 

仕事に疲れることはない。

 

ずっと癒されっぱなし。

 

フランス人みたいで、いいね。

 

でも、それだったらやっぱりニースで日焼けです。

 

頑張って働き、1年のご褒美に南欧の日差しに癒される。

 

ひまわりの絵も描こう。

 

画面から黄色が輝きだすような。

 

ヴァケーションが終わったら次のヴァケーションを企画してワクワクする。

 

そんな日々を過ごしたい。