億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,100万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


寒いねと話しかければ

 

妻は激務です。

 

お盆休暇を前にして、極まっている。

 

帰宅が連日遅くなっており、子どもたちの心配が積もっています。

 

ブレーキ音の度に、妻が帰ってきたのではと駐車場を確認する長女。

 

いじらしいね。

 

我が家は主要道路沿いなので、1分に2~3回ほど騒いでいます。

 

落ち着け長女。

 

帰ってきても、仕事のストレスが残っておりイライラを隠さない妻。

 

玄関まで駆けつけた長女をぞんざいにあしらいます。

 

よく見て。

 

今日1日で見てきた笑顔より輝く笑顔がそこにある。

 

抱きしめてあげて。

 

帰宅するなりソファーに座り込み、携帯電話を撫で始めます。

 

仕事のメールチェックをする気力も残っていない。

 

確認するのはYahoo News。

 

きっとコメントを読んで残念なシンパシーを感じているのでしょう。

 

頑張って給料を稼いできた妻に文句も言えず。

 

お疲れ様。

 

今日もありがとう。

 

 

 

二女がまとわりつきます。

 

無視して携帯に目線を送り続ける妻。

 

構わず話し続ける二女。

 

彼女は年中組、甘えたい盛りなのです。

 

今日の出来事を時系列に報告します。

 

先生がおかしかったんだよー。

 

そうなんだ、おかしかったんだー。

 

男の子が変なこと言ったんだよー。

 

へー、変だったんだー。

 

二女、折り紙でお花作ったんだよー。

 

ありゃー、キレイなおはなだねー。

 

オウム返し。

 

目線は携帯。

 

なんてこった、繰り返されるオウム返し。

 

二女が作った折り紙の作品には見向きもしません。

 

情操教育が心配ですが、二女はニコニコしています。

 

妻に聞いてもらって満足したらしく、歯を磨いてさっさとお布団に潜り込みました。

 

さっきまで園庭で走り回ったエピソードも披露していたので疲れ果てていたのでしょう。

 

眠りにつく子どもの寝顔は神々しい。

 

 

 

会話はオウム返しで大丈夫。

 

言われたことを繰り返しておけば、会話は知らぬ間に解決します。

 

あそこの取引先、無茶ばっかり言ってくるよな!

 

無茶ばっかりですよねー。

 

上司は分かってくれないよ…。

 

分かってくれませんねー。

 

これからの会社員人生に不安しかないや。

 

不安しかないですよねー。お前程度なら、特にね。

 

・・・。

 

あれ?

 

余計なこと言ったか?

 

お盆休みまではもう少し。

 

抜けるところは力を抜いて、もう少しだけ頑張りましょう。