億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


メルカドリブレ】ファイブバガー達成!

 

僕の保有株がファイブバガーを達成しました。

 

株価が5倍も値上がりする僥倖。

 

銘柄はメルカドリブレです。

 

アルゼンチンに本社を置くEコマース企業で、中南米を拠点にする楽天のような感じ。

 

域内での影響力は抜群で、王者Amazonが攻めあぐねるほどです。

 

配送事業や決済事業も展開していて、中南米では強固なメルカドリブレ経済圏を構築されているのです。

 

メルカドリブレについてはこちらの記事をどうぞ。

  

www.yabure-kabure.site

 

 

メルカドリブレを始めて購入したのは、2017年4月でした。

 

当時の株価はUS$219.00-。

 

それから6ヵ月かけて、60株分、およそ150万円投資しています。

 

当時のPERは1,250倍です。

 

高PER企業の筆頭として米国会社四季報に特集されていた。

 

成長が期待される企業!みたいな切り口だったと記憶していますが、高PERって割高ってことです。

 

PERが高いから投資しようって発想はありません。

 

そんな人がいたら、目を覚ませと声をかけてあげたい。

 

しかし、僕は怯みませんでした。

 

価格が高いことを承知の上で購入を続けました。

 

米国や中国で発展した、Eコマースと電子決済が中南米でも受け入れられると信じたからです。

 

そして今(2020年8月)。

 

メリカドリブレの株価はUS$1,000-を突破し、US$1,200に到達しています。

 

f:id:yabure-kabure:20200809174907j:plain

(メルカドリブレ株価 5年チャート)

 

PERは算出不能。

 

赤字決算だったからね。

 

そんなことはいいのです。

 

株価が上がっている。

 

そのために株を保有している。

 

当時の僕に伝えてあげたい。

 

報われているよ!!

 

 

 

以前は動向を気にして4半期ごとの決算書に目を通し、要約記事まで執筆していました。

 

英語を読むのが早くなった。

 

最近は目を通していません。

 

報告書のヘッドラインすら読んでいない。

 

もはや売ることができないからです。

 

ここまで含み益が膨らむと、売却したときの税金が高額になりすぎます。

 

我が家のメリカドリブレを売ると100万円以上の納付義務が発生する。

 

いつかは払わなくてはならない税金ですが、それは今ではない。

 

我が家は資産形成の道半ばなのです。

 

金融資産を100万円も手放すのは痛手すぎる。

 

税金を誤差だと思えるほどに資産が膨らんだら売却してもいいね。

 

一方で、買うこともできません。

 

クリックするだけなんだけど、怖すぎる。

 

3年半で株価が5倍にも膨れ上がった。

 

反動で暴落するんじゃないか。

 

この恐怖に打ち克って今の株価でメリカドリブレを購入出来たら勇者です。

 

僕は知っている。

 

AmazonやAppleの成長を信じている人が多いのに、実際に株を購入している人は少ないことを。

 

 

 

もう少し上がったら売ってしまうのも一案です。

 

拠出しただけの金額を回収する。

 

そうすれば手持ちのメリカドリブレはタダです。

 

上がれば嬉しいし、下がっても気楽。

 

だって元手の回収は終わっているのです。

 

保有株が値上がりすると、このような心理状態を作ることができます。

 

ちょっとした勇気が生み出した奇跡。

 

でも、まだまだ値上がりしてくれそうな気がしているので、次はテンバガーを目指して保有を継続しようと思います。