億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


S&P500が歴代最高値を記録するときにするべき、ただ1つのこと

 

S&P500の歴代最高値が目前です。

 

8月17日の終値は3,381.99ポイント。

 

2月19日に記録した3386.15ポイントまで0.12%に接近しています。

 

取引中の最高値、3,393.52ポイントまでは0.34%。

 

射程圏内です。

 

今晩にも突破しちゃうかもね。

 

うふふ。

 

 

 

S&P500は優良米国企業で構成される500銘柄の時価総額指数です。

 

S&P500が最高値を叩き出すということは、米国株に投資しているほとんどの人がプラスになっているということ。

 

トリッキーな個別銘柄を選択していたり、欲張ってレバレッジETFを購入しない限りは。

 

僕だけどね。

 

ラスベガスサンズとSPXLの含み損が解消されなくて、モヤモヤしています。

 

 

 

S&P500が最高値を塗り替えようとする興奮のなか、やるべきこと。

 

落ち着くこと。

 

これに尽きます。

 

慌ててはいけない。

 

今まで通りの投資方針を徹底するのです。

 

利益は確定させてはいけません。

 

長期的に株価が上昇すると信じて株式に投資をしています。

 

追加投資の必要もありません。

 

僕たちはすでに充分な額の投資を終えています。

 

資産バランスはすでに最適な状態に整えられているのです。

 

過剰な投資は精神バランスを狂わせます。

 

大切なことは市場に残り続けること。

 

期待値を考えたらフルベットが最適解なんだろうけど、コロナパニッククラスの暴落が再来したら。

 

もう嫌だ。

 

想像するだけで気絶しそうだ。

 

心が折れてしまったら元も子もありません。

 

市場に入るタイミングを見計らっていた人も、同様です。

 

せっかく今まで辛抱したのだから次の調整が発生するのを待つのも妙案な気がします。

 

多分、そのうち下げるし。

 

株式相場ってそんなものです。

 

慌てて買ったとしたら、次の日には下落が始まって悶絶することが目に浮かびます。

 

株式相場って、そんなものなのです。

 

 

 

8月18日。

 

プレマーケットは0.15%上昇しています。

 

完全に捉えました。

 

駅伝でケニア人留学生が追い上げてきて隣に並びかけようとしているようなものです。

 

休日出勤の対応が必要で、上司が目を合わさずにすり寄ってきたようなもの。

 

間違いありません。

 

すぐそこに新しい景色が広がっています。

 

その瞬間を見届けたい気もしますが、いつも通り、そろそろ寝ます。

 

これからの未来も平常心で築き上げていきましょう。

 

おやすみなさい。