億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額7,600万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


下落時の対処について

 

米国株が下落しています。

 

S&P500は2日前の最高値から4.5%の下落です。

 

皆さん大丈夫ですか?

 

息していますか?

 

きっと大丈夫でしょう。

 

半年前にサーキットブレーカーを味わったからね。

 

7%の下落で発動されるサーキットブレーカー。

 

僕たちは3回も乗り越えました。

 

4.5%はそよ風に過ぎません。

 

我が家は500万円ほど吹き飛ばしていますが、かまへんかまへん。

 

かっかっかっ。

 

ふぅ。

 

少しだけ泣いてきます。

 

 

 

下落時には今後の運用方針が頭をもたげます。

 

売却はない。

 

僕が勉強した限りでは、株は長期的に値上がりします。

 

資本主義がそのように設計されているらしいです。

 

期待値を最大に高めるために、市場から離れることは選択肢にありません。

 

購入はどうか。

 

よさそうです。

 

安値で買う。

 

株式投資の基本です。

 

でも、困ったことにいつが底値なのか分からない。

 

優秀な頭脳を持つアナリストが、昼夜を通した考察を通しても釈然としないのです。

 

分かったことは、分からないということ。

 

つまるところ、持てる資産を迅速に市場に投入することが、理論的には最も優れた戦略になります。

 

以前、そのような検証も行いました。

 

当時の記録をどうぞ。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

そこまで考察を経たうえで。

 

なお、我が家では下落時の買い増し戦略を採用しています。

 

パフォーマンスではなく、精神的な安定が目的です。

 

下がったね。

 

ああ。買おう。

 

となる。

 

完全投下していていると、どうなるか。

 

下がったね。

 

ああ。お終いや。

 

となる。

 

 

 

下落時の買い増しは、あらかじめ方針を設定しておくと上手く行きます。

 

バタバタと動くと、狼狽買いをしてしまう。

 

または、怖くて結局何も買えなかったり。

 

我が家の買い増しについては、すでに方針策定済みです。

 

≪これからの買い増し戦略≫

  • 総資産1割の資金を緊急時用に確保
  • 市場が10%下落したら買い増し開始
  • 以後10%毎に買い増し継続
  • 買い増しは金額固定

 

株価が昇り調子だったときに決定しておいてよかった。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

S&P500の直近高値は歴代の高値でもあります。

 

9月2日の3588.11ポイント。

 

10%下落した3,229.29ポイントが買い増し開始のトリガーです。

 

銘柄はどうしよう。

 

やっぱりSPXLかな。

 

下がるときには奈落の底に叩き落されるけれど、上がっていくときの高揚感ったらありません。

 

我が家は、まだ資産を形成しなければいけないステージ。

 

守りに入ってはいけない。

 

行け行けどんどん。

 

投下金額は150万円だな。

 

同一金額を投入し続けても、5回までの買い増しに耐えられます。

 

資金が尽きるときは、S&P500が1,016ポイントを記録するとき。

 

あり得ないだろ。

 

資本主義が崩壊しているよ。

 

重要なことは、あらかじめの設定です。

 

1発目の買い増し出動すら不要になることを祈りつつ、株価の推移を見守ります。

 

まとめ

S&P500が3,229ポイントまで下落したら、SPXLを150万円分購入する