億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


転職を検討してみた

 

サラリーマンでいることがとても辛いです。

 

繰り返される退屈な毎日。

 

生きながらにして、僕が透明になっていくようだ。

 

起業を念頭に色々と準備してきましたが、ふと思いつきました。

 

転職すればいいんじゃない!?

 

サラリーマンであることには変わりありませんが、発展しない日常の輪廻からは解き放たれます。

 

少なくとも職場と同僚は変わるし。

 

もはや足を置く位置すらルーティンになってしまった、地下鉄A出口からの風景ともお別れできます。

 

その気になってみると、転職の入口はいたるところに転がっていました。

 

PayPayや楽天、メルカリでも採用を募集するページが立ち上がっている。

 

今を煌めく成長企業。

 

キラキラした毎日が待っていそうだ。

 

ページを進み、職種を選択します。

 

エンジニアやマーケティング、営業に管理部門。

 

おええってなります。

 

まだ始まったばかり。

 

諦めてはいけません。

 

業務経験がある職種を選択し、要求スキルを確認します。

 

業界での職務経験、プロジェクトの運用経験、管理分析能力など。

 

おええってなります。

 

気分が悪くなってきた。

 

踏み出すためには堪えるしかありません。

 

貢献できそうな職種を選んだら、ENTRYボタンを押します。

 

続いて履歴の提出です。

 

担当してきた業務を羅列し、携わったプロジェクトについて説明を書き入れていく。

 

おええぇぇ。

 

パタン。(←ラップトップを閉じた音)

 

 

 

無理でした。

 

大きい組織とか、切り分けられた担当とか、つながっていく自己アピールとか。

 

なんというか、そういうのが耐えきれません。

 

ホント、泣きそうになって消えそうになるのです。

 

分かりますよね?

 

転職することでは、僕の辛さを解消することは出来ませんでした。

 

確信しました。申し込みすらしていないけれど。

 

人間の根本的な能力に、現代の会社組織が適合していないのではないだろうか。

 

働けば働くほど、悲しい気持ちになる人が増えている気がする。

 

どうやら、与えられた選択肢は多くはなさそうです。

 

自己を消して組織に取り込まれていくか、立ち上がって動き出して逃げ出すか。

 

転職を志し、そのスタート地点にすら到達できなかったことで、やらなきゃいけないことがハッキリしてきました。