億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額6,900万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


選挙渦中での動き方

 

アメリカ大統領選挙が大混戦です。

 

記事執筆時点(日本時間午後5時30分)で、まだ確定していません。

 

前回は午後2時くらいにはトランプ氏の勝利が決まって日本市場が大揺れだった記憶があるから、今回の確定には時間がかかっていることが分かります。

 

報道では、バイデン氏有利と伝えられていました。

 

前回もそうだったけれど、マスコミは機能を果たしていません。

 

事前の有権者動向調査って、何を調べているんだろう。

 

メディアは神妙に事実だけをお知らせしていればいいのに。

 

 

 

市場は、週明けからバイデン氏勝利を織り込んで上昇してきました。

 

議会下院とのねじれが解消されて、政局運営がスムーズになることへの期待なんだろうと思います。

 

法人税とか所得税とか、経済対策はトランプ氏のほうがよさそうだからね。

 

では、トランプ氏が勝ったらどうなるのか。

 

まったく分かりません。

 

今、プレマーケットは下落しているけれど、これは確定遅れによる政局混乱を懸念しているからだと思う。

 

多分ね。

 

僕たちは、トランプ大統領が就任してからの4年間で、いかに株価を上げてくれたを知っています。

 

トランプ氏が再選したら、株価の上昇が止まらなくなるはずなのです。

 

市場に歓迎ムードは感じないけれど、確定した途端に爆発しちゃったりしてね。

 

上向きにサーキットブレーカーが発動するクラスの大暴騰。

 

楽しみです。

 

 

 

市場は未来を織り込みます。

 

バイデン氏が勝ちそうだから上がってみたり、確定が遅れそうだから方向性を見失ってみたり。

 

でも、コロナの懸念があるから下げてみたり。

 

個人投資家の僕たちは、こんな右往左往に付き合ってはいけません。

 

そういうのは短期的な利ざやを求められている機関投資家の人に任せておけばいい。

 

将来は分からないし、そこからもたらされる結末も分かりません。

 

ないない尽し。

 

見守るしかない。(←3つ目!)

 

僕たちが信じているいるのは資本主義の繁栄です。

 

言うなれば、人類を信じている。

 

短期的なイベントに振り回されることなく、静かに資産が増え続けるのを待ちましょう。