億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額8,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


選挙が分かっても売ってはいけない

 

選挙が大接戦です。

 

最終投票から24時間以上も経ちましたが、まだどちらの勝利も確定していません。

 

勝利宣言っぽいことを言ってしまって、怒られちゃってはいるけども。

 

驚きなのは、この状況でも株価が上がりまくっていることです。

 

S&P500は2.2%も上げたし、Nasdaqは3.85%も上げました。

 

3.85%ですよ!!

 

1億円持っていたら、385万円も儲かっちゃう。

 

持ってないけどね。

 

ハイテクに注力しているわけでもありません、残念ながら。

 

上昇した理由は、上院で共和党が過半数を維持する見込みだからだそうです。

 

法人税の減税が維持されるし、所得税も据え置きされるから。

 

ほほー。

 

なんだかそれっぽいけれど、僕は騙されませんよ。

 

選挙前日にもS&P500は1.78%も上昇していました。

 

そのときには、民主党のブルーウエーブがさく裂して、大統領選挙に加えて上院下院でも過半数を握ると言われていた。

 

民主党が全部勝つと上がり、上院で共和党が勝つと上がる。

 

上がるしかないがな!

 

 

 

結末が当然だと思ってはいけません。

 

因果関係は後から言いたい放題だけど、事前に結末を見越しておくことは至難の業です。

 

例え結果の予想が当たったとしても、そこから発生する結末が想定通りに導かれるかはわからない。

 

分からないことだけが分かっている。

 

今は上がっているけれど、結果が確定した途端に下落するかもしれません。

 

確定した瞬間に、さらに上昇するかもしれない。

 

どう考えたって過熱していると思う。

 

怖くて売り抜きたくなってきました。

 

ここね。

 

ここが耐え時です。

 

トランプ政権の4年間、僕たちは疑い続けてきた。

 

例えバブルであろうとも、売るかどうかは話が別です。

 

いつか弾けたとしても、そのときの株価が今の株価よりも高いかもしれない。

 

本当に、分からない。

 

僕たちはおカネを増やすために株式投資をしています。

 

だから投下し続けるしかありません。

 

そうでなければ、毎日の給料にしがみ付いて、税金を払い続けるのみ。

 

このステージを抜けて、防衛のための株式投資ができるようになったとき。

 

やっと売却について考えましょう。