億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、39歳現在、資産額8,300万円。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


「まんがでわかる 7つの習慣」を読んだ

 

ついに「7つの習慣」を読破しました。

 

5年前から我が家の本棚に鎮座していた。

 

何度となくページを捲ったけれど、すぐに挫折して元の場所に戻す。

 

厚すぎるのです。

 

704ページ。

 

一気読みは望めないし、通勤でも持ち歩けない。

 

僕と相性が悪いのか、文章は固く感じてしまい、なかなか内容が頭に入ってきません。

 

「7つの習慣」はリーダーシップの原点とされていて、ビジネスマンの必読書とも言われます。

 

もう大勢に背を向けて諦めようとしたけれど、それは反抗じゃないぞ。

 

負けだ。

 

最終手段を繰り出します。

 

マンガ版です。

 

「まんがでわかる 7つの習慣」を読んだので、分かったことを記載しておきます。

 

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

  • 発売日: 2013/10/11
  • メディア: 単行本
 

 

7つの習慣

 

1.主体的である

周囲のせいにしないで、自分の問題として行動する

自分が変えられる範囲だけに集中し影響力を発揮する

 

2.終わりを思い描く

目的を明確にし、やらなければいけないこととそれ以外を区別する

迷ったときは、自分の価値観や原則に立ち返って選択する

 

3.最優先事項を優先する

時間を管理することは最優先ではない

緊急ではないが重要なことに対処する時間を増やす

 

4.Win-Winを考える

すべての人が満足することが可能だと考える

自分を含めて、誰かが損な立ち回りになるような仕事はしない

 

5.まず理解に徹する

まずは聞き役に徹すること。信頼を得ることから始める

慣れてきたら、共感を持ちながら聞くようにする

 

6.シナジーを創り出す

違いを尊重し、お互いの力を捕捉し合う

お互いが持ちえる範囲で成果を出そうとするのは妥協

 

7.刀を研ぐ

日々、自分の器を育てる

既出の6つの習慣を意識づけること自体が鍛錬になる

 

 

1~3までが内的な習慣、4~6までが外的な習慣です。

 

すべて聞いたことがあるような内容ではありましたが、僕に出来ていないことばかりでした。

 

せっかく本書を読み終えたので、これを契機に自分の習慣を改めてみようと思います。

 

それにしても、マンガ版のクオリティ。

 

原本を読んでいないので比較はできませんが、要点をコンパクトに理解できました。

 

ストーリーでは、やけに語る実業家がいたり、分かりやすく夢を叶えるために走る出す若者がいたり、説明にもってこいな状況のサラリーマンが多数登場します。

 

それでいて伏線は回収せず。

 

それぞれのストーリーはどうなったんだ。

 

はっ。

 

3番目の習慣か!

 

最優先事項を優先するってやつね。

 

僕は原本の内容を把握するために読んだのです、物語を楽しむためじゃない。

 

ストーリーへのモヤモヤ感までもが、「7つの習慣」からのメッセージになっている。

 

よくできています。

 

どうしても読み進めることが出来ない有名本は、マンガ版に手を出すのも一案です。