億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


「50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話」を読んだ

 

今の準備を、今やっていては手遅れです。

 

過去からの積み重ねが現在であり、現在を変えようとするならば事前の準備が必要である。

 

うんうん。

 

名言だな。

 

50歳の金銭事情は50歳になってからでは対処できません。

 

中年も終盤に差し掛かってから慌てたくはないので、まだ時間がある今のうちに情報収集を始めました。

 

「50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話」です。

 

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

 

 

 

筆者はファイナンシャルプランナーと活躍しているそうです。

 

さすがお金の専門家。

 

各金融商品の特性や税金制度、やりがちな事例がふんだんに盛り込まれていて参考になりました。

 

退職金は虎の子だから取り崩してはいけない。

 

株式投資やFXを始めるのは危険だから市場型の投資信託にしておけ。

 

生命保険は貯蓄ではないし、そもそも不要な場合が多い。

 

など。

 

資産運用に励む僕たちには周知の事実だけど、加えて専門知識を絡めた解説がなされます。

 

生命保険の非課税控除は相続人あたり500万円だけど、そもそも相続税の基礎控除が3,000万円で相続人あたり600万円追加されるから、相続対策なんて不要だよね? とか。

 

僕はこういった豆知識が好きなので、とても興味深く読み進めることが出来ました。

 

50歳からの対策だけでなく初期段階での資産形成についても、この本さえ読んでおけば外しはないと思います。

 

 

 

本書ではやってはいけない事項について述べられているので、読み進めていて悲しくはなります。

 

50歳にもなったら転職も出来ないし、気力もなくなるから、おとなしく今の会社に残っておきなさい。

 

起業なんて考えてはいけない。カフェとか蕎麦屋とか、初期投資の回収が大変だ。

 

大学での学び直しっていうけれど、趣味の勉強にお金をかけてはいけない。

 

熟年離婚? お互いに金銭破綻するから止めておけ。

 

など。

 

もう、なんにも出来ない。

 

細々と糊口をしのぎ、慎ましく余生を過ごすしかありません。

 

リビングデッド。

 

そんな老後は嫌だな。

 

人生には2種類の選択方法があります。

 

やりたいという選択と、やってはいけない選択。

 

本書ではやってはいけない選択を学びました。

 

このまま生きていくと、どんな人生が待っているのかも分かった。

 

守りを学べば攻めに転じやすくなります。

 

やってはいけないことを念頭に、楽しい老後を過ごすための準備をしておこうと思いました。