億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億2,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


ガチ】宝くじで夢を買う

 

年末ジャンボ宝くじの季節です。

 

当選金額は1等・前後賞を合わせて10億円。

 

とてつもない!!

 

今回、久しぶりに挑戦してみようと思います。

 

宝くじの購入には批判的な意見が多いです。

 

還元率が低すぎる、と。

 

リターン50%だなんてパチンコより酷い、と。

 

諭してあげたい。

 

お金欲しさに宝くじを買うと思っているのか。

 

そいつ、バカじゃん。

 

そんな人いません。

 

宝くじは夢を買うのです。

 

10億円だよ。

 

懸賞金は非課税なので、額面どおりに受け取ることが出来ます。

 

10億円の現金。

 

持ち運びが危険だから、通帳残高でも構いません。

 

このまま人生を送っていたら、一生拝むことはないでしょう。

 

それだけの超高額賞金を獲得できる、かもしれない。

 

そのチャンスを保有することに意味があるのです。

 

 

 

宝くじの公式サイトに興味深い記事が出ていました。

 

1,000万円以上の当選者についてのデータ。

 

再現性があるのかは疑問ですが、内容を確認してみます。

 

まずは購入歴について。

 

10年以上買い続けている人が大半を占め、70%です。

 

初めて買った人は2.5%。

 

当たったとき、どんな気持ちだったんだろう。

 

1回当たりの購入枚数は30枚までの人が71%です。

 

意外に少ない印象でした。

 

1枚300円 x 30枚 = 9,000円。

 

1万円出せば夢が現実になる!

 

かもしれない。

 

購入動機は「夢を持ちたい」が45%、「お金が欲しくて一発勝負」も9.4%です。

 

これは高額当選者ゆえの、余裕あるジョークでしょう。

 

お金が欲しかったら宝くじを買っている場合ではありません。

 

それ以外にも、当たりやすいイニシャルや星座などにも言及があります。

 

興味がある人は見てみてください。

 

(参照)宝くじ当せん者レポート:購入のこだわり | 宝くじ公式サイト

 

 

 

宝くじで思い出すのは新卒の頃。

 

同期のみんなで資金を出し合い、ドリームジャンボを買いました。

 

当たったら会社を辞めようと誓いながら。

 

今とまったく変わっていませんね。

 

僕が行き着いた結論に、入社時から気付いていた。

 

自分の先見性に驚かされます。

 

あのとき宝くじは当たらなかったけれど、せめて辞めていれば違った人生が待っていたことでしょう。

 

まだ遅くはありません。

 

今度こそ夢をつかみ取り、新しい人生へと足を踏み出します。