億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億600万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


サンタクロースの苦しみ

 

WHOがサンタクロースの活動を担保しました。

 

サンタにコロナの「免疫」 WHO、クリスマスの配達に太鼓判 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

高齢だから心配ではあるけれど、免疫を保有しているから大丈夫らしいです。

 

なんだかねえ。

 

それ、WHOが言っちゃう?

 

状況を考えよう。

 

各国の渡航制限についても言及していたりして、余裕が伺えます。

 

ファイザーがサンタで、ワクチンがクリスマスギフトだと言い出しかねません。

 

 

 

我が家のサンタには余裕がありません。

 

なにを準備していいのか見当がつかない。

 

毎年の繰り返しですが、子どもたちの物欲がなさすぎるのです。

 

手がかりを得ようと探りをいれるんだけど、まともなヒントが出てきません。

 

3年前は金色の飛行機でした。 

www.yabure-kabure.site

 

2年前は青色のカニ。

www.yabure-kabure.site

 

昨年は品薄のSwitchでした。

www.yabure-kabure.site

 

 

今年はなんといっても鬼滅の刃です。

 

長女(小学4年生)は鬼滅柄のマスク。

 

サンタさんのところの小人が縫ってくれそうだね。

 

長男(小学2年生)はフリカケについてくるシールが欲しいそうです。

 

お目当てのキャラクターがプリントされているものが良いらしいのですが、全10種類のなかから引き当てるのは大変だ。

 

サンタさん、当たるまで買うの?

 

フリカケも一緒にプレゼントにしていい?

 

二女(年中)は竹が欲しいとのことです。

 

主人公の妹が咥えているやつ。

 

きっと、1ヵ月も大事にしてくれません。

 

 

 

親戚の家では現金を配っているそうです。

 

サンタさんがポチ袋に折りたたんで入れておいてくれる。

 

その手があったか!

 

欲しいものを自分で選べるし、金銭感覚も身に付きます。

 

欲しいものがなければジュニアNISAの口座に投下しておけばいい。

 

天才の発想です。

 

妻に提案しましたが却下。

 

夢がない、と。

 

そうかなー。

 

妥協して宝くじの購入も打診しましたが、やっぱり却下。

 

ワクワクってなんですか?

 

我が家のサンタさんの苦しみは続きます。