億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


2021年】投資計画

 

新型コロナに機を発した激動相場が始まって1年。

 

金融緩和や感染拡大、大統領選挙で揺れ動き、未だに市場は落ち着きを取り戻していません。

 

そんな状況だからこそ、自分の立ち居振る舞いを設定しておこうと思います。

 

良くないのは場当たりな対処を行うことです。

 

調整局面で慌てて売って、上昇気流に乗ろうと計画外の購入をする。

 

上手くいくこともあるだろうけれど、大抵は上手くいきません。

 

ワラワラと動かない。

 

成功者って、もっとドッシリと構えているものです。

 

僕のイメージだけどね。

 

右往左往しないよう、あらかじめ2021年の計画を定めておきます。

 

 

2021年の投資計画

購入計画

ジュニアNISA(80万円x3人分)

僕の一般NISA(*60万円)

  積立購入分(毎月5万円で積み立て中x12か月)

iDeCo(手続き中)

妻の一般NISA(120万円)

緊急時買い増し資金の出動(状況に応じて)

 

購入タイミング

3月初旬(ジュニアNISA、僕の一般NISA)

市場の10%下落時

 

市場が10%下落したときの拠出順

ジュニアNISA(80万円x3人分)

僕の一般NISA(60万円)

緊急時買い増し資金の出動(確保資金の1割)

 

売却計画

妻の2017年度NISA銘柄(日本個別株)。

来年分の購入資金が不足したら、特定口座の個別株を売却。

 

売却タイミング

年末

 

 

 

よし、これで網羅出来た。

 

書き出してみるとシンプルなことですね。

 

 

3月初旬まで待って、ジュニアNISAと僕の一般NISAを買い付けます。

 

すぐに買いつけておいたほうが期待値は上がるんだけど、もう少し様子を見ておきたい。

 

この躊躇すらも、想定通りです。

 

www.yabure-kabure.site

 

妻のNISAは随時。

 

資産運用には家族の理解が必須です。

 

納得できるタイミングで購入してもらおうと思います。

 

2月中に大幅な下落が発生したら、まずはNISAの拠出金を出動させます。

 

緊急時の買い増し資金はなるべく残しておきたい。

 

金銭のゆとりは、精神的な安定をもたらします。

 

僕は2021年に入ってから、まだ売買を行っていません。

 

いくらなんでも株価の変動が荒すぎると警戒したからです。

 

今でも不安定な雰囲気に変わりませんが、怖気づいていては動き出せない。

 

株式投資とは本来危険なものなのです。

 

短期的にはね。

 

長期的には、きっと大丈夫だと信じている。

 

航路を緩やかに、方針は明確に。

 

上手くいきますように。

 

大海原での航海を続けます。