億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億1,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


段ボールで暮らす長男

 

小学2年生の長男は段ボールが好きです。

 

宅配便が届くと駆け寄ってきて、すぐに開けてくれと要求します。

 

中身を取り出した後の、梱包材の段ボール箱が欲しいからです。

 

手に入れた段ボールで色んなものを作っています。

 

例えばピンボール台。

 

薄めの段ボール箱に傾斜が付くようにティッシュ箱を貼り付け、割り箸のレールにティッシュを丸めた玉を打ち込んで遊んでいました。

 

続いて釣竿。

 

小型の段ボール箱の横に穴を開け、段ボールを巻いて作った棒を突き通します。

 

棒の内側から箱の上部を通して糸を垂らし、棒を回転させると糸が巻き付けられる仕組みです。

 

糸の先端にはラック用のフックが結ばれています。

 

そうなのです。

 

うちの長男には創作の才能があるのです。

 

将来が楽しみだ。

 

 

 

創意工夫に溢れた才能だけでなく、斬新な発想も持っています。

 

段ボール箱に大きめのぬいぐるみを押し込んで、キャラクターの家にしていました。

 

トイ・ストーリーのエイリアンの顔だけが飛び出していて、かわいい。

 

大きめの段ボール箱には三角座りで自らをぴったり収納します。

 

テレビを見てリラックスしている。

 

背中がサポートされて居心地がいいらしいとのことです。

 

ええ、ええ。

 

分かりますよ。

 

うちの長男には芸術の才能もあるのです。

 

 

 

お気に入りの段ボール箱はエノテカです。

 

エノテカはワインの販売業者で、リーズナブルな価格で高品質なワインが楽しめます。

 

ワイン通販のENOTECA(エノテカ)

 

通販用のサイトで不定期に開催される10本選り好みセットでは、赤白泡の多様なワインから好みのものを選ぶことができます。

 

1本当り1,000円。

 

上等な酔いを週末の夜に。

 

エノテカの段ボール箱はワレモノ対応のために厚みがしっかりしています。

 

余裕をもって梱包してくれるので大きさもあって深さも充分です。

 

なんでも作れる。

 

エノテカ箱で、段ボール箱入れを作成することだってできる。

 

というか、すでに我が家にある。

 

 

 

エノテカで注文した10本セットが到着しました。

 

3年前に奮発して購入したセラーへの運搬を進んで手伝う長男。

 

www.yabure-kabure.site

 

赤は上段、白は下段、泡は立てかけて。

 

段ボール箱が欲しいので、完璧な動きで格納を終わらせてくれました。

 

今回は何を作るのだろう。

 

側面を真ん中で分断し、縦方向に並べて向きを揃え、テープで接着させています。

 

接着部の側面は取り除いて、縦長の箱が出来上がりました。

 

そこへタオルケットを持ってきて敷き詰めて、バスタオルで覆う。

 

枕を上部にセットして完成です。

 

段ボールハウスが出来上がってしまいました。

 

 

 

今日も長男は段ボールハウスで寝起きしています。

 

身体にぴったりフィットして、寝返りのクセを治せるらしい。

 

そうなのです。

 

長男は天才なのです。

 

切断部の処理が雑なので、朝目覚めるたびに腕や脚に生傷を作っています。

 

心配した学校の担任に、段ボールハウスでひっかいたと答えらたらしい。

 

段ボールハウスで生活する小学生。

 

大丈夫かな。

 

虐待を疑われていないか心配です。

 

 

 

人間は段ボールさえあれば生きていけます。

 

多くを望みすぎてはいけない。

 

企業による消費活動が促進される資本主義社会。

 

長男の段ボールハウスに、正しい人間の生きざまを見たのでした。