億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


大人になったら何になりたい?

 

長女が学校の宿題に悩んでいます。

 

大人になったら何になりたいか。

 

僕が小学校のときには、天皇陛下だと答えていました。

 

天皇!?

 

なんて不遜な子供だったんだ。

 

手を振るお姿に憧れたのでしょう。

 

平和を象徴する、ふくよかな笑み。

 

頭のいい同級生から、皇族でないと継承できないことを指摘されました。

 

僕の夢は途絶えました。

 

教えてくれてありがとう。

 

 

 

上級生になってからはアメリカ大統領だと言うようになりました。

 

大勢の民衆に向かって演説する姿に惹かれたのだと思います。

 

熱心に語りかけるプレジデント、熱狂する大衆。

 

同じ同級生が、日本人はアメリカ大統領になれないことを教えてくれました。

 

アメリカ大統領には、出生時にアメリカ国籍を保有していなければならない。

 

まだ何もしていなかったけれど、そもそも土俵にすら登れなかった経験。

 

人生で2度目の挫折です。

 

 

 

中学生になってからは総理大臣を目指すようになりました。

 

内閣の閣僚名簿を暗記しようと頑張っていた。

 

英単語を覚えなさい。

 

それからも本気で政治家を志していたら、違う人生を歩んでいたことでしょう。

 

いつの間にか周りのみんなと同じような人生を歩んできました。

 

今はドロップアウトして奇天烈なことになっているけれど。

 

40歳からでも総理大臣になれるのかな。

 

選挙ポスターでは教師や医者の経験を押し出している候補者を見かけます。

 

元サラリーマンで、セミリタイヤ中。

 

有権者の心に響くものがあるかもしれませんね。

 

 

 

なぜ政治家になりたかったのだろう。

 

うろ覚えの記憶ですが、偉くなりたかったのだと思います。

 

民衆の上に立ち、権力を掌握する。

 

大丈夫か、僕。

 

子どもにして自己顕示欲の塊です。

 

愛情が足りなかったのかな。

 

親からは可愛がって育ててもらったはずだけど。

 

長女はなんて書くのだろう。

 

正社員や公務員を目指しているのだったら、人生の可能性について語ってあげよう。

 

投資家と書いていたら、ウケますね。

 

書き終えたノートを見せてくれました。

 

「まだ大人になりたくない」

 

そうきたか!

 

宿題への回答にはなっていないけれど、興味深い発想です。

 

理由を聞くと、子どもでいるのが楽しいからだと返してきました。

 

遊びたりないから大人になっている場合ではないらしい。

 

子どもの今、やっておきたいことがある。

 

素晴らしいです。

 

 

将来って日々の繰り返しによる積み重ね。

 

毎日を全力で過ごし、いつの間か辿り着く場所なのです。

 

まずは毎日を頑張ること。

 

長女は子どもを楽しむそうです。

 

そのままで大丈夫だ。大きく育っていってくれ。

 

僕も40歳の大人を真面目に満喫し、なりたい姿に辿り着こうと思います。