億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


35万円】2月の家計

 

2月の家計を確認します。

 

2021年の家計目標は450万円。

 

不労収入>生活資金

 

目指す姿はこれです。

 

配当金でもいいし、不動産収入もいいでしょう。

 

YouTubeで広告料を稼いだり、本を書いて印税で暮らしたり。

 

歳を重ねたら年金も貰えるはず。

 

夢は広がるばかりです。

 

子どもたちに言って聞かせよう。

 

お父さんの夢は、寝ころんでいても贅沢できることなんだ。

 

それでいて、あえて節約すること。

 

そのために頑張ったり頑張らなかったりしているんだよ。

 

頑張ります。

 

目標】2021年 4,500,000円(37.5万円/月)

作戦】毎月の予算 32万円

   特別費計上 66万円

参考】2020年 5,044,260円(42万円/月)

 

 

 

2月の出費です。

 

2月家計 318,452円(予算32万円)*特別費除く 

2月特別費 2.7万円

スポーツクラブ退会費 1.2万円 

衣服費 1.0万円

Amazonプライム年会費 0.5万円

(特別費残額 60.6万円(92%) 

 

【2021年家計メモ】

1月 307,759円

2月 318,452円

 

2ヶ月連続で予算をクリアしました。

 

今月は日数は少ないものの、ペイ系サービスのクーポン利用のために日用品や食品の買い増しを行っています。

 

2万円分くらい備蓄した。

 

ほとんどはビールです。

 

売るほどある。

 

売らないけれど。

 

妻と着実に飲み減らしていこうと思います。

 

2ヶ月は買わなくて大丈夫。

 

アルコール依存症にならないように気を付けよう。

 

www.yabure-kabure.site

 

 

 

2万円以上の出費を見てみます。

 

食費 10万6千円

住宅 8万円

教育 5万4千円

日用品 2万1千円

自動車維持費 2万円

 

全項目が、平均的な金額で収まっています。

 

先月に続き、突飛な支出がなければ30万円ぐらいで収まるということを証明できました。

 

ひもじくなく、苦しくもなく。

 

適切な幸せを感じることが出来る出費が30万円なのです。

 

 

 

特別費で計上している妻のスポーツクラブ退会違約金は余計でした。

 

1.2万円。

 

月額から1,000円減額できる2年間縛りの契約を結んでいたのです。

 

申込時に1年間で違約金が発生しないことを確認したらしいのですが、書類には残っていませんでした。

 

当時の担当者は辞めちゃっているし。

 

しょうがないね。勉強代だと思おう。

 

可能な限りサブスクリプションの利用は避けなくてはいけません。

 

飽きちゃったり、よりよいサービスが提供されたりする。

 

それに、選択権を確保しておくことは幸福な日々に直結します。

 

そんなことを思いながらも、今月はAmazonプライムの年間契約を継続してしまいました。

 

不可抗力です。

 

Amazonプライムの解約手続きに進んだ人なら分かると思いますが、いかに契約を続けたほうが得なのかを、今までの利用金額を併記しつつ訴えてくるのです。

 

さすがシリコンバレー、屈してしまいました。

 

Amazonの株、買おうかな。

 

適切な出費を続けつつ、快適な生活を送ろうと思います。