億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億2,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


回答】10年後のセミリタイヤに向けた資産運用

 

質問を頂きました。

 

いつもありがとうございます。

 

質問にお答えすることは、大げさに言えば、存在意義の証明です。

 

すみません、かなり大げさでしたね。

 

なんというか、世の中の役に立っている気がするのです。

 

少なくとも予定調和の社内用プレゼン資料を作っていたときよりは貢献できている。

 

今回の質問も、Twitterのダイレクトメールからです。

 

僕のTwitterはこちら。

フォローいただけると嬉しいです。 

 

 

 

はじめまして。

みゆたりさんと、GE坊やのブログを日々の楽しみにしています。

私は夫と三人の子供がおり、現在育児休業中です。

4年前から投資を始めていて、みゆたりさんの半分くらいの資産額です。

今後10年以内の夫のセミリタイヤを目指し、日々投資の勉強をしていますが、少々リスクをとらないと夢が達成できそうにありません。

私は資産の半分をほぼ米国株の投資信託に入れています。SPXLの勉強中ですが踏み切れていないところです。

我が家も生活ギリギリのセミリタイヤでいいんです笑

子供三人と楽しく暮らせればそれだけで。

お時間ないそうなので、ゆーっくりお待ちしています。

今後もブログを楽しみにしています。  

 

詳細についてもお教えいただきました。

資産額約4500万円

夫42歳

妻41歳

子供未就学児三人

 

ありがとうございます。

 

GE坊やさんのブログを読んでいらっしゃるとのこと、かなり文学レベルの高いかただとお見受けします。

 

(GE坊やさんブログ)

GEとともに生きる

 

それでは回答です。

 

まず、未就学のお子様が3人もいらっしゃって羨ましいです。

 

これから20年間は子育てが楽しいですね!

 

質問者様は10年後のセミリタイヤを目標にするとのことですので、運用には焦らずとも大丈夫です。

 

資産運用の「72の法則」というものがあります。

 

72を年利で割れば、資金が倍になるための年数が分かるというものです。

 

運用年数で割れば、資金が倍になるために必要な年利を算出することもできます。

 

質問者様の場合は、72÷10年間ですので、7.2%の利率があれば達成できることが分かります。

 

米国株は7%前後での成長を続けています。

 

共働きとのことですから今後の追加入金も見込めるため、1億円までは充分に達成が可能です。

 

子どもの学習資金は、高校までは公立で学び、大学から私立に通学した場合で、1人1,300万円ほど。

 

(参考記事) 

www.yabure-kabure.site

 

差し引いて、夫婦で使えるお金は6,000万円ほどです。

 

10年間もの期間を運用できるので、慌ててはいけません。

 

大きな儲け話を聞くと欲が出てしまいますが、個別株やレバレッジなどで過大なリスクをとらなくても大丈夫。

 

コツコツと運用していくことが肝要です。

 

充分に理解できない投資案件には気を付けてください。

 

質問者様の場合は、なるべく手数料の低い米国指数連動型の投資信託やETFが目的に適しているように思いました。

 

リターンの期待値は下がってしまいますが、追加入金次第では全世界型も安定感が魅力です。

 

VTIやVT、日本円で買うならeMAXIS Slim 米国株式やeMAXIS Slim 全世界株式などです。

 

iDeCoやNISAの非課税制度は余すことなく利用し、資産形成のスピードを高めましょう。

 

また、レバレッジETFのSPXLにご興味をお持ちとのこと。

 

SPXLはS&P500を基準に3倍の値動きをします。

 

僕は長期間保有するには優れた商品だと思いジュニアNISA口座で保有していますが、株価の上下動はかなり強烈です。

 

加えて、下落相場にめっぽう弱いというデメリットを内包しています。

 

少額で試しに保有してみて、ご自分のリスク許容度を測りつつ、リスク耐性を高めていくことをおススメします。

 

 

 

お答えになっていますでしょうか?

 

質問者様の、「夫のセミリタイヤを目指して」という目的が素敵です。

 

セミリタイヤは家族全員の協力と理解がないと、それからの人生を楽しめません。

 

3人のお子様との、素敵な生活を願っています!