億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


無職は本当にカードを作れない

 

新しいクレジットカードの発行を申し込みました。

 

メインで使用している楽天カードの改悪が続いているためです。

 

楽天グループのサービス変更についてはこちらの記事をどうぞ。

  

www.yabure-kabure.site

 

申し込んだのはリクルートカードです。

 

還元率1.2%でリクルートポイントが貯まり、Pontaポイントに変更可能。

 

年会費が無料だし、とりあえず申し込んでみました。

 

そして、審査結果が届きました。 

 

f:id:yabure-kabure:20210406143619j:plain

 

・・・。

 

落ちました。

 

 

 

無職になるとカードが作れないという噂は聞いていました。

 

でも、まさかねぇ。

 

我が家は1億円もの金融資産を保有しているのです。

 

僕を信用できないってことは、資本主義を信用できないってこと。

 

貨幣経済の根本を揺らがしかねない事態です。

 

よりによって決済企業が裏切るわけがありません。

 

そう思っていました、メールを受け取るまでは。

 

・・・。

 

涙が出るね。

 

 

 

思いのほか、ダメージを食らっています。

 

僕には何の信用もないことを痛感しました。

 

すべてのサラリーマンに聞いてほしい!!

 

皆さんに信用なぞありません。

 

皆さんが勤務している会社が信用されているだけなのです。

 

サラリーマンへの信用は虚構にすぎない。

 

いくら資産を築き上げても、例え1億円を超すような金融資産を持っていたとしても、これが揺るぎのない事実なのです。

 

住宅ローンの審査にも通らないでしょう。

 

融資だって不可能。

 

この調子だとマッチングアプリでのパートナー紹介すら受けられません。

 

僕をよく見てください!

 

これが無職の現実なのです。

 

 

 

サラリーマンが費やす膨大な時間と労力は、自分自身には蓄積されません。

 

所属する組織に寄与するだけです。

 

自分と組織との同一視は絶対に止めておきましょう。

 

辞めてから愕然とします。

 

それから、会社を辞めようと考えている人。

 

サラリーマンという状況への信用は絶大です。

 

失ってから始めて、その偉大さに気付くはず。

 

借りられるお金は借りておきましょう。

 

住宅ローンや特別融資など、低率で引き出せる資金は限度額まで引き出しておくといいです。

 

それからクレジットカードは出来るだけ作っておく。

 

カードブランドごとに1枚ずつは発行しておくことといいです。

 

管理は煩雑だけど、年会費無料のカードはいざというときの選択肢を増やします。

 

個人事業主になったり法人を設立しても、3年目の確定申告が終わるまではカードが作りづらくなるそうです。

 

サラリーマンを辞めると社会の風当たりは辛いですよ。

 

組織に在籍している人は、今のうちにサラリーマンメリットを存分に活かすことをおススメします。