億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億1,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


51万円】3月の家計

 

3月の家計を確認します。

 

ちょっとやらかしてしまいました。

 

2021年の家計目標は450万円。

 

1ヵ月で均等に慣らすと37.5万円。

 

3月は大きくオーバーです。

 

不労収入>生活資金

 

仙人状態が遠のいてしまいました。

 

目指す境地はまだまだ遠いです。

 

しっかり振り返り、今後の参考にします。

 

目標】2021年 4,500,000円(37.5万円/月)

作戦】毎月の予算 32万円

   特別費計上 66万円

参考】2020年 5,044,260円(42万円/月)

 

 

 

3月の出費です。

 

3月家計 327,894円(予算32万円)*特別費除く 

3月特別費 18.0万円

賃貸契約更新料 7.7万円 

自動車保険 5.3万円

衣服費(靴5足など) 3.2万円

記念日プレゼント 1.8万円

(特別費残額 42.6万円(64.5%) 

 

【2021年家計メモ】*特別費除く 

1月 307,759円

2月 318,452円

3月 327,894円

 

通常の出費は少しオーバーしているものの、ほぼ予算通りです。

 

2万円以上の出費を見てみます。

 

食費 10万2千円

教育 8万9千円

住宅 7万8千円

日用品 2万2千円

 

平均的な金額で収まっています。

 

習い事の請求が重なって例月よりは高額ですが許容範囲。

 

さすがに家計を引き締めているからって、子どもの成長機会を減らすわけにはいきません。

 

 

 

問題は特別費です。

 

賃貸契約更新料 7.7万円 

 

賃貸契約更新料が2年間ごとに発生しています。

 

長期で住んでいるから大家さんも喜んでいるはず。

 

免除を依頼しましたが、僕だけを特別扱いできないからと撃沈。

 

資本主義では持てる者が強いことを実感しました。

 

 

自動車保険 5.3万円

 

3万円ほど値上がりしています。

 

理由は事故を起こしたから。

 

ぐうの音も出ません。

 

担当者が頑張ってくれたので喜んで支払います。

 

 

衣服費(靴5足など) 3.2万円

 

楽天セールに乗じて、ランニングシューズや子ども靴を新調しました。

 

習い事用の服も買ってあげた。

 

こういう支出が余分なのですが、新品のシューズを履いて飛び跳ねている子どもを見ると、これでよかったのだと思う。

 

そのために資産を増やしているのです。という言い訳ね。

 

 

記念日プレゼント 1.8万円

 

 

我が家の子どもたちは物欲がないため、誕生日プレゼントには欲しいものを買ってもらえるポイントを渡しています。

 

3年越しに使用してくれました。

 

高額だけれど、お金で手に入る喜びの価値を知って欲しいと思います。

 

 

 

いろいろと理由を捻りながら特別費を使いこみました。

 

残りは64.5%、42.6万円です。

 

まだ3ヵ月しか経過していないのに。

 

家族での楽しみと、持続可能な家計と。

 

まだ妻が働いてくれている今がチャンスです。

 

上手にバランスを取りながら、少しでも多くの資金を資産運用へ投入できるように頑張ります。