億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億2,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


回答】禁酒のコツ

 

Twitterで質問を頂きました。

 

「禁酒のコツについて」です。

 

・・・はい?

  

億万長者物語は資産運用ブログですよ。

 

なにか勘違いしていませんか?

 

質問を頂いたのは&Wさんです。

 

38歳にして資産7,000万円を築き上げていらっしゃいます。

 

 

上位互換だなんて、おこがましい。

 

僕は組織での労働に耐え切れずに会社を辞めています。

 

言うなれば、社会不適合者。

 

労働も行わず、毎日をゆっくりと過ごしています。

 

これでアルコールにまで溺れ始めたら、いよいよヤバい。

 

そのため、平日は禁酒するようにしています。

 

3月に入ってから4週間成功。

 

葛藤の様子はTwitterで呟いています。

 

 

 

 

僕は1年ほど前から禁酒に挑戦しています。 

 

重い頭を持ち上げて起床。

 

今日は飲まないと誓うも夕方になると喉が渇いて1杯だけ傾けるビールグラス。

 

子どもが寝るまでにしておこうと思っていたはずなのに、子どもを寝室に押しやり飲酒続行。

 

ワインの栓まで開けてしまって、酸化するからと言い訳しつつ1本飲み切ってしまう。

 

それからビールに戻って夜が更けていくのです。

 

以上、繰り返し。

 

ついつい飲んでしまう気持ちは痛いほどよく分かります。

 

僕が編み出した禁酒の工夫についてお伝えしましょう。

 

禁酒のコツについて

1.禁酒を誓う

節酒を目指そうとしてはいけません。

 

適量で終われるなら困ってはいないのです。

 

まずは一滴も飲まないことを誓う。ここからスタートです。

 

 

2.期間を決める

僕はアルコールが好きだし、酔っぱらっている時間も好きです。

 

永久に止めないのであれば、むしろ飲める日を作ることで禁酒しやすくなります。

 

 

3.少しずつ延ばす

僕は平日の禁酒に挑戦していますが、いきなりは難しいです。

 

飲酒が習慣になっていれば、1日目がまずキツイ。

 

1日目の禁酒に成功してもその次の日はまた辛いし、2日間我慢できるようになったら3日目に苦しむ。

 

焦らず、少しずつ禁酒期間を延ばしていきましょう。

 

2日間 x 2回などと禁酒期間を分散させるのは止めたほうがいいです。

 

その都度、禁酒の意思を奮い立たせるのが大変だし、肝臓への休息効果も弱まります。

 

 

4.耐え方を知る

お酒を飲みたくなる欲望の持続時間は、30分~2時間ぐらいです。

 

その時間だけ耐えればいいことを知りましょう。

 

どうしても我慢が出来なくなったら、炭酸水で誤魔化したり、お風呂に入って逃亡したりしてみる。

 

欲望を抑える方法をいくつか準備しておくと禁酒しやすいです。

 

すっかり日が落ちた街並みを散歩してみるなんてのもオシャレですが、コンビニの缶ビールに吸い込まれないように注意してください。

 

 

5.番外編 走った後の禁酒について

走った日はどうしても飲んでしまう人はいると思います。

 

質問者の&Wさんも、ランニングした日にはどうしても我慢できないとのことでした。

 

気持ちは分かりますが、ランニング後の飲酒を習慣にしてはいけません。

 

運動とアルコールによるプラス思考のコンボだからね。

 

最高すぎて、いよいよ禁酒が難しくなります。

 

お茶などで迅速に水分補給し、お腹をタポタポにしてしまいましょう。

 

どうしても我慢できない人は運動強度を上げてみてください。

 

身体から水分を絞り出す、アルコールによる排尿機能が我慢出来ないほどに。

 

運動後のスポーツドリンクが泣けるほどに美味しくなりますよ。

 

 

 

禁酒した次の日の目覚めは最高です。

 

晴れ渡った朝焼けが美しく、子どもたちの笑い声が微笑ましい。

 

二日酔いの頭では、眩しさに目が眩み、騒音が脳内に反響します。

 

同じ朝でも、こんなに違うのです。

 

新しい風景を求めている人。

 

禁酒の先に、その世界が待っています。