億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


46万円】4月の家計

 

4月の家計を確認します。

 

今月もやらかしてしまいました。

 

使ったお金は46万円です。

 

あかんがな。

 

このままのペースだと年間で550万円も必要になってしまいます。

 

2021年の家計は450万円が目標です。

 

1ヵ月で均等に慣らすと37.5万円。

 

今月の超過額は10万円ほど。

 

目指す状態は 「不労収入>生活資金」の仙人モードです。

  

支出を徹底的に最適化して余裕をもって到達したい。

 

しっかり悔い改め、今後の参考にしようと思います。

 

目標】2021年 4,500,000円(37.5万円/月)

作戦】毎月の予算 32万円

   特別費計上 66万円

参考】2020年 5,044,260円(42万円/月)

 

 

 

4月の出費概要です。

 

4月家計 293,676円(予算32万円)*特別費除く 

4月特別費 16.9万円

学習教育年間費 15.7万円 

洗濯機 1.2万円

(特別費残額 25.7万円(38.9%) 

 

【2021年家計メモ】*特別費除く 

1月 307,759円

2月 318,452円

3月 327,894円

4月 293,676円

 

通常出費は適正に管理できました。

 

今月は2万円以上の余裕を残しています。

 

完璧ですな。

 

支出内訳です。

 

教育費 8万0千円

住宅 7万8千円

食費 7万4千円

日用品 2万6千円

 

食費をいつもの3万円ほど低く抑えることができました。

 

キャンペーンを利用した前月までの買い溜めが奏功しています。

 

50円の差額に尻込みして、キャベツの購入を見送ったことも。

 

そして、内訳の筆頭には教育費が踊り出しています。

 

子ども3人を育てる破壊力。

 

学校への支払いや習い事のお月謝が発生しています。

 

今月だけではない。毎月です。

 

僕がキャベツを食べられなくても、子どもの成長機会は確保したいと思います。

 

 

 

問題は特別費です。

 

通信教育年間費 15.7万円 

 

チャレンジの会費を支払いました。

 

15万円以上もかかっていた。

 

すごい金額です。

 

年間払いにしているから把握が疎かになっていました。

 

詰めの甘さが露呈しています。

 

 

 

洗濯機 1.2万円

 

念願を叶えました!

 

8.0kgも洗えるモデルを導入したので快適です。

 

高機能なモデルなので汚れ落ちが素晴らしい。

 

洗濯中にはじゃぶじゃぶ音が響き渡るのです!

 

伝わるだろうか、この感動。

 

今までは4.0kgの洗濯機で誤魔化し続けていた。

 

家事をする人なら分かると思いますが、4.0㎏って学生の単身サイズです。

 

我が家のような5人家族だと1日2回の洗濯が必要でした。

 

晴れている人はそれなりに楽しめるけど、締めっぽい日の洗濯は苦痛の極みです。

 

中古品交換の掲示板「ジモティー」を利用して購入したので、新品値段の15%ほどでの購入。

 

こういう工夫です。

 

お得な値段で素晴らしい商品を手に入れる喜び。

 

10万円しかなくても、1億円持っていても。

 

同じ道理です。

 

節約できた資金で株を買おう。

 

そのうちに上位機種の新品を現金で購入できるようになります。

 

きっとそうなる。

 

それでも。

 

唸るほどの資金を保有しつつジモティーを利用しよう。

 

上手にバランスを取りながら、少しでも多くの資金を資産運用へ投入できるように頑張ります。