億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億1,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


182万円増】投資状況 2021年5月第1週

 

今週の投資状況です。 

 

f:id:yabure-kabure:20210508142706j:plain

 

182万円のプラスでした。

 

投資資金は1億1,960万円にまで膨らんでいます。

 

1億1,960万円⁉

 

なんのこっちゃ。

 

額が凄すぎてよく分かりません。

 

 

僕は経済的な自由を獲得するために資産運用に取り掛かりました。

 

幸運に恵まれ、いつの間にやら1億1,960万円。

 

金額的な意味合いを失いかけています。

 

何を買えばいいんだろう。

 

教育資金には潤沢過ぎて、子どもたちが勘違いしてしまいそうだ。

 

家を買おうかな。

 

子どもたちが自分の部屋を欲しいと言い出し始めている。

 

現金一括でタワーマンションを購入したらウケますね。

 

・・・こんなことを考え始めたら、いよいよです。

 

株価の天井が近い。

 

注意深く資産運用を続行します。

 

とはいえ、やることは多くありません。

 

主にインデックス系のETFに資金を投下して、ただ耐えるのみです。

 

それが大変といえば大変なのですが、僕には耐性が備わってきました。

 

コロナショックを生き延びたし、奇跡的に大底で追加購入することも出来た。

 

その後の急反発に怖気づきながらも保有を続けています。

 

お金が増えて困ることはありません。

 

自分が最適だと思う方法で、これからも資産運用に励みます。

 

 

 

7日の米株式相場は続伸し、S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均は最高値を更新した。4月の米雇用統計が予想外に弱かったことを受けて、インフレ上昇や刺激策縮小に関する懸念が和らいだ。

【米国市況】株が最高値更新、低調な雇用統計受け緩和縮小懸念和らぐ - Bloomberg 

 

米国の雇用統計が悪かったことを受けて、株価が続伸しています。

 

悪いニュースって株価が上がるんですね。

 

やはり市場は読めません。

 

雇用が悪くて金融緩和の縮小懸念が後退したとのことです。

 

アメリカの状況には詳しくありませんが、刺激策の恩恵が困っている人に届いているとは思えない。

 

株価が上がるのみです。

 

労働者が困り、資産家が肥える。

 

資本主義の縮図そのものです。

 

僕にとっても、もちろん株価の上昇は嬉しいです。

 

証券口座の残高が膨らんでいく。

 

貧富の差が拡大しているとか、政策が困窮者に行き届いていないとか。

 

不平や不満を並べても何も解決しません。

 

株を買おう。

 

今は1円から株を買える時代なのです。

 

資本主義に抗うんじゃない、利用するんだ。

 

うねりに取り残されないように。

 

周囲はお金を働かせています。

 

乗り遅れると相対的に貧乏になっちゃう。

 

来週も無事にお会いしましょう。