億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


聞く態度

 

長女が生意気です。

 

小学5年生ですからね。

 

そろそろ反抗期なのでしょう。

 

忘れ物を指摘しても無言。

 

むすっとしつつ、絵具セットをカバンに詰めています。

 

宿題をやっていないことを示唆すると無言。

 

ランドセルからノートを取り出し、おもむろに取り掛かります。

 

むむー。

 

これはいけない傾向だ。

 

コミュニケーションは人間関係の基本です。

 

きちんとしたやり取りが出来ない子どもはチャンスを逃します。

 

学校や習い事の先生だって人間なのです。

 

素直に聞き入られないのだったら、教えてあげたくなくなっちゃう。

 

 

 

家庭外での態度もよくありません。

 

学級参観。

 

単独で指名され、問題の解き方の説明を受ける長女。

 

せっかく教わっているのに、聞いているんだかいなんだか。

 

帰宅後に、その態度でどう思われるかを長女に訊ねてみました。

 

無言。

 

斜め上を見つめ、ダラダラと足を動かします。

 

これでガムを噛んでいたら、欧米です。

 

むむー。

 

そういう態度なのだよ、長女。

 

今、お父さんがどのように感じているか分かる?

 

不貞腐れ、無言。

 

怒ってんじゃないの! 聞いてんの! ちゃんと答えな!!

 

目をウルウルさせる長女。

 

・・・すみません。

 

怒っていないと怒ってしまいました。

 

 

 

大人は理不尽です。

 

怒っていないと言いながら、怒る。

 

怒らないからと約束したのに、怒る。

 

怒ってばっかり。

 

社会に出るまでは大人に囲まれるし、社会に出てからも囲まれます。

 

諦めることなく元気に生きていって欲しい。

 

怒ってばかりいる社会のなかで、僕ぐらいは優しく諭してあげようと思ったのでした。

 

そして、それが難易度の高い挑戦だということは知っています。

 

ついつい声を荒げたり、頭ごなしに叱ったりしてしまう。

 

長女の態度を直すために、まずは僕の態度を正す必要がありそうです。