億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


購入】SBI・全世界株式

 

今回の報告はSBI・全世界株式インデックスファンドの購入についてです。

 

SBI・全世界株式インデックスファンドは全世界の株価に連動するVTを投資対象にする国内投資信託です。

 

運用手数料は0.1102%と低く抑えられおり、2重課税にも対策できます。

 

確定申告での外国税控除よりも有利だと判断し、米国市場での直接買い付けから移行しました。

 

すでに保有しているVTと合わせて、3,500万円ほどの保有です。

 

順調に保有額が膨らんできました。

 

最近の売買経緯です。

 

【売買経緯】

5/24 売却 SPXL @US$100.00- x 300株(330万円)

6/15 購入 VT @US$104.30- x 500株(570万円)

6/23 売却 SPXL @US$133.00- x 200株(300万円)

6/24 購入 SBI・VTI投信 300万円

6/28 売却 SPXL @US$105.87- x 250株(240万円)

6/29 購入 SBI・VT投信 300万円

 

それぞれの売買に意図があり、成約ごとに記事にしています。

 

曖昧な注文をしないための自戒なのです。

 

 

 

個別株と一部のSPXLを売却し、米国インデックスのVTIと全世界型VTに振り分けています。

 

SPXLとVTI、VTの比率はそれぞれ30%ほどに変更できました。

 

やはりインデックスでの運用は安定感が違います。

 

1日で10%下がったりはしません。

 

いや、下がる。

 

トラウマのような新型コロナショックの日々。

 

それでも値動きは穏やかです。

 

ジワジワと増えたり減ったりする。

 

長期的には増えるらしいです。

 

よりよい生活を人々が望む限り、富の総和は膨れ上がるのだと聞きました。

 

投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーするVT。

 

富の増殖を余すことなく包括できます。

 

幸いにも我が家の資産は膨れ上がってきており、個別株によるブーストは必要ありません。

 

世界発展のさざ波に与ることができれば充分です。

 

VTを抱きしめ、菩薩のような笑みをたたえて。

 

穏やかな日々を過ごすことが目標です。