億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


オリンピックのかまってちゃん

 

オリンピックが終わってしまいました。

 

寂しいです。

 

TVをつければ繰り広げられた世界最高峰の戦い。

 

日中はゴルフやスケボー、マラソンなどを楽しみました。

 

夕方からは柔道や水泳、夜が更けたらサッカーや野球、陸上など。

 

時間の拘束がないことをいいことに、ほとんどの時間を観戦に費やしました。

 

最高だった。

 

スポーツを観戦するときには競技自体を楽しむようにしています。

 

あまり肩入れしすぎると楽しめなくなる。

 

それでも自国を代表する選手が参加していると熱くなります。

 

過剰に日本を意識してくる国との対戦は尚更です。

 

野球とか卓球とかね。

 

勝って欲しいとか負けてほしくないとかよりも、戦ってほしくない。

 

なにかと面倒だし、なにかと失礼だし。

 

僕が嫌そうな顔をしていると長女が窘めてきました。

 

考えが子どもだよ。そんなに意識しちゃだめだよ。

 

長女は大人です。

 

ぐうの音も出ませんでした。

 

 

 

相手を億劫になりすぎて捉われていた。

 

嫌になりすぎて相手を意識してしまう罠です。

 

あかんあかん。

 

時間を無駄にしてしまう。

 

かまってちゃんをかまってあげる必要なんてないのです。

 

そもそも直接的な迷惑など被っていないし。

 

気にしないこと。

 

意識してしまったら、向こうの思うつぼです。

 

面倒な相手に時間を奪われていけない。

 

リラックスして生きていく姿勢が重要です。