億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、40歳現在1億3,100万円。会社は辞めました。経済的自由を目指して、まだまだ頑張ります!


S&P500ダブル記念】買い増し戦略の破壊力

 

S&P500がコロナの大底からのダブルバガーを達成しました。

 

www.yabure-kabure.site

  

いつまで落ち続けるか分からない恐怖によく耐えました。

 

当時が思い出されて感慨深いです。

 

大底をつけた2020年3月20日。

 

億万長者ではこのようなことを綴っていました。

 

www.yabure-kabure.site

 

なんとNISA枠を利用してのSPXL購入。

 

米株最底値を受けての、次の日の記事ではこのようなことを書いています。

 

www.yabure-kabure.site

 

SPXL追加購入の準備。

 

我ながら、精神力を感服せざるを得ません。

 

当時の僕に伝えたい。

 

その勇気は報われると。

 

 

 

我が家では資産の10%を緊急時の買い増し資金として準備しています。

 

市場が1割下落するたびに取り崩し、追加購入を行うためです。

 

発動する機会は多くありませんがコロナショック時は大いに活躍してくれました。

 

www.yabure-kabure.site

 

 S&P500がダブルバガーを達成したことを記念し、当時の買い増し状況を確認してみます。

 

≪戦略について≫

  • 総資産1割の資金を緊急時用に確保
  • 市場が10%下落したら買い増し開始
  • 以後10%毎に買い増し継続

 

≪買い増し経緯≫

2/25 SPXL 購入 US$65.00- x 500株 (新型コロナショック勃発、動揺買い)

2/28 SPXL 購入 US$45.00- x 500株 (緊急買い増し第2弾)

3/9 VT購入US$73.50- x 149株(妻のNISA枠)

3/12 SPXL 購入 US$29.50- x 500株(緊急買い増し第3弾)

3/17 SPXL 購入 US$23.73- x 5株(NISA枠絞り出し)

3/20 SPXL 購入 US$20.50- x 500株(緊急買い増し第4弾)

9/24 購入 SPXL @US$46.54- x 300株(調整相場)

 

≪資金回収≫

7/14 売却 ファイザー @US$35.55- x 500株

7/15 売却 インフォシス @US$11.70- x 2,000株

 

≪買い増し成績≫

拠出額 US$105,094.15- *手数料含む
評価額 US$293,654.21-
うち SPXL 2,305株 x @US$120.57-, VT 149株 x @US$105.64-

損益計算 US$188,560.06-(およそ2,074万円)

 

≪売却の成績≫

売却額 US$41,175.00-
現在の評価額 US$71,255.00-
うち PFE 500株 x @US$48.91-, INFY 2,000株 x @US$23.40-

損益計算 マイナスUS$30,080.00-(およそ331万円)

 

≪差し引き総合成績≫

US$158,426.06- (およそ1,743万円)

 

資金の回収を差し引いても、1,743万円もの資産構築に寄与していることが判明しました。

 

尋常じゃないな。

 

当時の僕に、本当にありがとう。

 

売らないだけでも大変でした。

 

それに加えて買い増しまでしてくれていた。

 

心を折らずに運用を続けてくれたおかげで今の僕があります。

 

当時の僕に、本当に本当にありがとう。

 

 

 

安いときに買えば株式投資は儲かるという人がいます。

 

・・・。

 

・・・そうなんだけどね。

 

実行することが強烈に難しいのです。

 

やってみろと言いたい。

 

やったからこそ言えるけれど狂気の沙汰だぞ。

 

対策としては、あらかじめルールを設定しておくことです。

 

僕の場合は戦略を文字に残していたので、揺らぎつつも方針を貫くことができました。

 

千載一遇の買い増しチャンスを逃さなかった億万長者物語。

 

振り返ってみると、なんだか凄いですね。

 

次の機会を狙う人の参考になれば幸いです。