億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


SPXLの購入と売却

 

米国利上げやウクライナ危機の渦中、レバレッジ商品のSPXLを購入しました。

先日、購入分を売却したので経緯を綴っておきます。

 

まず、購入についてはこちらです。

www.yabure-kabure.site

1/24 購入 SPXL @US$105.00- x 250株

 

続いて売却分です。

3/29 売却 SPXL @US$126.53- x 400株

 

追加購入した250株では20.5%の利益を生み出すことに成功しました。

たった2か月で20.5%です。65万円くらい。

年利にしたら100%超えだよ!!!

上手く売買できたので満足です。

 

 

 

 

twitterでよく絡ませてもらっているhachiさんからコメントを頂戴しました。

hachiさんは高給取りでありながらも日々の労働に苦しむサラリーマンです。

最近では飲酒欲をコントロールすることに成功しており、大変参考になります。

 

頂いたコメントはこちらです。

 

・・・失礼な!!

いや、ガチホじゃないと駄目なわけではないのですが。

 

hachiさんにまで指摘を受けるくらいなので、ほかにも誤解している人は多そうです。

 

改めて宣言しますが我が家では長期保有戦略を採用しています。

心意気はね。

 

コロナショックでも売却しなかったし、それからの大反発でも保有を継続しています。

NISAやiDeCoでの買い付けは行いますが、それ以外の売買は投資割合とレバレッジ比率の整頓のためです。

方針への言及を探してみたら昨年の6月に記事にしていました。

www.yabure-kabure.site

 

要点を抜粋します。

1.生活資金と緊急時出動資金を確保

2.残りを株式に投下する

3.株価が10%下落したら緊急資金を利用して買い増し

4.投資レバレッジは1.6倍に調整する

 

前述の買い増しは3.によるものです。

当時はS&P500が最高値から10%以上下落しました。

反発を期待しての買い増しのため、買い増し銘柄は3倍レバレッジのSPXLを選択しています。

 

売却は4.によるものです。

無事に反発してくれたのでレバレッジの上限としている1.7倍を突破しました。

売却した資金のうち投資額に設定している比率までを一般ETFに投下して調整が完了します。

 

 

 

 

設定を着実に遂行することにより「安値で買い、高値で売る」ことが実現できます。

問題は淡々と実行に移すことができるか。

 

困難と言わざるを得ません。

株価の下落中に買い向かうことは恐怖が伴うし、上昇には過剰な欲望が心を支配するのです。

 

克服するために、僕はブログを書きます。

書いちゃうとやらざるを得ない。皆が見ているからね。

 

我が家の資産が順調に育っている要因として「億万長者物語」があります。

これからも着々と資産を増やしていくために、物語を紡ぎ続けよう。

どうぞお付き合いください。