億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


134万円...】3ヵ月間の出費 1~3月

 

1~3月の家計です。

2022年の目標は450万円。

毎月の支出を30万円に抑えつつ、特別費として年間90万円を確保する作戦です。

管理された支出生活は経済的な自由を送るための大前提ですからね。

企業に刺激された欲望に任せて出費しているようではいつまでたっても資本主義の泥沼から抜け出すことはできません。

 

参考までに過去の年間支出です。

働かなくても困らない指針となる"4% "に当てはめると、我が家は500万円までで生活できれば大丈夫。

その水準に近づいているので、人生が余裕になるように頑張ります。

 

参考】

2020年 5,044,260円(42万円/月)

2021年 4,663,220円(39万円/月)

 

 

目標】

4,500,000円(37.5万円/月)

作戦】

毎月の予算 30万円

年間の特別費 90万円

 

www.yabure-kabure.site

 

2022年は自宅を購入する予定ですが、不動産については別会計で処置します。

今月の出費は3,000万円でした!!とブログで報告しても前澤かよ!!と突っ込まれるのが目に見えていますからね。

不動産については別途記事にしていきますのでお楽しみに。

 

不動産投資 カテゴリーの記事一覧 - 億万長者物語

 

 

 

 

さて、2022年の家計簿です。

ブログ執筆が疎かになってしまったので3ヵ月まとめて報告します。

 

1月 512,401円

2月 322,954円

3月 500,183円

 

早速の50万円越えです。

しかも2か月間も。

アカンがな。

 

内容を振り返ります。

まずは通常費です。

1月 367,761円

2月 322,954円

3月 289,233円

やっぱり使いすぎ。

目標としている30万に収えられませんでした。

 

大まかに各月の出費を振り返ります。

1月

食費 14万7千円

教養 8万2千円

住宅 7万8千円

日用品 2万4千円

高額要因は食費が嵩んでいることでした。

例月より3万円ほど使っています。

アルコールを抑制するためのノンアルビールの買い込みが響きました。

www.yabure-kabure.site

 

 

2月

住宅 12万9千円

食費 7万7千円

教養 3万7千円

日用品 3万円

住宅費が高額になっているのは賃貸支払いと住宅ローンの支払いが重複しているためです。

8万円近かった賃料が5万円台にまで低下するので、これからの家計にはプラスに作用するはず。

www.yabure-kabure.site

 

 

3月

食費 10万3千円

住宅 5万3千円

教養 5万1千円

日用品 4万7千円

住宅費が5万3千円!!!

持ち家ってすごいですね。

今までも広くなったし住環境も向上しています。

金持ち父さんにも記載がありましたが、居住用不動産を購入することは資産形成に大きく寄与しそうです。

 

 

 

 

続いて特別費です。

90万円しかない予算を年初から景気よく使ってしまいました。

1月 15万円

2月 0円

3月 21万円

残り 54万円

 

1月は妻のパソコンに11万円、次女の通信講座に4万円です。

3月も長女と長男の通信講座に16万円、車両保険に5万円出費しました。

 

・・・通信講座だけで計20万円!!

利用しているのはベネッセが提供する「チャレンジ」です。

我が家の家計がチャレンジされているがな。

教育も一種の投資なので、無理をしない範囲で継続します。

 

 

 

 

まとめます。

【通常費】

1月 367,761円

2月 322,954円

3月 289,233円

平均 326,649万円

(予算は毎月30万円)

 

特別費

1月 15万円

2月 0円

3月 21万円

予算残 54万円

 

こうして家計記事にまとめると問題点が見えてきますね。

野放図な出費はいただけません。

なんとなく浪費してしまって人生の幸福度に寄与しない。

僕は稼ぐために働かなくてはならない状況にだけは戻りたくないので、適切な支出ができるように頑張ろうと思います。