億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


SPXLの買い増し準備を始めた

 

株価がすごい勢いで下落しています。

長期金利の上昇にウクライナ情勢、中国のゼロコロナ政策も景気の失速ファクターとして意識されてきました。

 

たった1ヵ月で株価は10%近くもの値下がりです。

S&P500の1ヵ月チャートがこちら。

ジェットコースターも真っ青の急降下。

 

 

大丈夫ですか、泣いていませんか?

大丈夫です、辛いのは僕も一緒です。

涙でモニターが滲み困っています。

 

 

 

 

このブログでは何度もお話ししていますが、僕は買い増し戦略を採用することで下落の動揺を乗り越えてきました。

資産の10%を緊急時の買い増し資金として残しておき、市場が10%下落するたびに出動させるのです。

 

コロナショックの際には4回も発動しました。

残っていたNISA枠もすべて使い尽くした。

買い増し資金が尽き、もはやこれまでかと観念したところで反発し、今に至ります。

運がよかったことも要因としてありますが、そこまで耐えることができたのは買い増しできるという心の余裕があったからです。

 

≪戦略について≫

  • 総資産1割の資金を緊急時用に確保
  • 市場が10%下落したら買い増し開始
  • 以後10%毎に買い増し継続

 

www.yabure-kabure.site

 

今回の下落も買い増しを計画することで乗り越えます。

買い増しラインはS&P500の10%下落です。

基準値には前回の買い増し分を倍加客下4,600ポイントを採用します。

 

1/24 購入 SPXL @US$105.00- x 250株

3/29 売却 SPXL @US$126.53- x 400株

 

www.yabure-kabure.site

 

現在のS&P500は4,175ポイントなのでトリガーは目前です。

買い増し戦略で利用している3倍レバレッジSPXLの現在値が$92.53なのでUS$90.00-で指値を入れておきました。

S&P500が4,140ポイントまで下落する際に、SPXLはそのくらいの値段になっている計算です。

 

 

連休中にやきもきするのは嫌なので5月6日までの期間注文です。

今までは買い増し戦略がうまくいきましたが、今回はどうなることやら。

最高なのはさらに下落して急反発してくれればいうこと。

下がることなく反発してくれれても構いません。

生活に困らないだけのお金があれば文句は言わないよ。

 

今回も無事に乗り切れますように。