億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


821万円減】投資状況 2022年6月第2週

 

先週の投資状況確認を確認します。

本当は週末に確認しており失った金額は把握していたのですが執筆の気乗りがしませんでした。

かなりの大金を吹き飛ばしていますからね。

辛いことから目を背けたっていいじゃない。

 

市場が弱いときに露骨に記事を書かなくなることを読者のかたから指摘されたので、奮い立たせて報告をまとめます。

ご査収ください。

 


821万円のマイナスでした。

想像できますか?

僕にはできません。

 

821万円が1週間でなくなるって、どういうことですか?

悪いこともしていないし贅沢もしていないよ。

それなのに821万円も吹き飛んだのです。

そりゃあね。

現実から逃避したくもなるってもんです。

 

1億円を超える金額を株式に投下し多少のレバレッジをかけていることで大規模な資産額変動を味わうことができます。

800万円以上の増減は2022年に入ってからすでに4回目です。

刺激に満ちた毎日を過ごすことができるので、学生時代の後遺症であるパチスロ発作が収まりました。

スロットのレールよりも携帯電話の株価情報を見ているほうがドキドキするし吐きそうになれます。

吐きたくてやっているわけではないけれど。

 

おかしなギャンブルにハマっている人には株を買わせればいいのだと思います。

賭博による破滅がなくなるし資金が経済活動に流入して社会が活発になるよ。

ショートや個別株はダメですよ。市場インデックス限定です。

 

 

 

 

先週の株価下落は米国で消費者物価が高止まりしていることが要因でした。

インフレが高い水準で保たれており金利上昇の更なる加速が予想されています。

 

インフレ下における資金の防衛術は現物価値を持つ資産を保有しておくことです。

不動産やら株式ですね。

株式!

そう、やはり株式なのです。

 

株式を買うということは企業を保有するということ。

インフレの影響は企業価値の上昇により内包されるのです。

僕が勉強した書籍にはそのように記載がありましたが、目下の株価を眺めていると不安になりますね。

来週も無事にお会いしましょう。