億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


38万円】6月の出費

 

収入が支出を上回れば人生上がりです。

俗世界からのストレスから解放された楽勝な日々を過ごすことができるでしょう。

 

そのためには支出の抑制は必須です。

稼ぐことに任せて物欲を暴走させているようでは資本主義の罠からは抜け出せません。

仙人モードを目指して頑張ります。

 

さて、7月の家計の統括したのでご報告します。

2022年は毎月の支出を30万円に抑えつつ、特別費として年間90万円を確保する作戦です。

 

参考】

2020年 5,044,260円(42万円/月)

2021年 4,663,220円(39万円/月)

 

2022年目標】

4,500,000円(37.5万円/月)

作戦】

毎月の予算 30万円

年間の特別費 90万円

www.yabure-kabure.site

 

 

 

 

6月の総支出です。

1月からの推移と合わせて掲載します。

 

1月 512,401円

2月 322,954円

3月 500,183円

4月 405,779円

5月 383,856円

6月 454,419円

(年間516万円ペース)

 

6月は45万円も使ってしまいました。

依然として強烈なペースでの支出が続いています。

 

4%ルールに落とし込むと1億3千万円ほどの資産が必要になります。

1億円あっても足りないって、そんな馬鹿な。

内容を振り返り反省します。

 

まずは通常発生する支出について。

1月からの経緯です。

 

1月 367,761円

2月 322,954円

3月 289,233円

4月 384,834円

5月 324,956円

6月 323,859円

 

先月に引き続き32万円でした。

昨年と同水準ですが、今年は家を購入したので固定費が下がるはずなのです。

不要な平均回帰性。

生活水準が上がってしまっているのだろうか。

2万円越えの項目を列挙します。

 

食費 11万5千円

住宅 5万3千円

教養 5万円

日用品 3万3千円

水道光熱費 2万9千円

 

今月は食費と日用品代が例月をオーバーしました。

 

まずは食費について。

先月に続いて立て込んでいます。

先月は飲み会が要因でしたが今月は買い溜めが原因です。

楽天セールを利用したワインのストックが2万円、フルグラの買い込みが8,000円です。

ついつい利用してしまうけれど、セールってお得じゃないと思う。

 

続いて日用品代です。

3万3千円のうち3万円分が近所のドラッグストアでの購入分です。

閉店セールを開催しており、チップスやらおつまみやらが半値以下で放出されていたので大量にストックしました。

またもやセールですね。

やっぱりお得じゃないと思う。

 

 

 

 

続いて特別費です。

予算は90万円しかないので大事に使わなくてはなりません。

1月 15万円

2月 0円

3月 21万円

4月 2万円

5月 6万円

6月 13万円

残り 33万円

 

6月は車検の支払いで特別費を計上しました。

5月も自動車税を支払ったばかりなのに。

 

付き合いのある自動車屋で整備してもらっているのでかなり安く仕上げてもらいました。

金額の大半が重量税によるものです。

 

自動車税を支払ったのに重量税まで支払う。

罰ゲームですか?

 

来月からももう一台の車の車検も予定されています。

罰ゲームですか?

 

車さえなければ、人生がもっとイージーモードになるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

まとめです。

【通常費】

1月 367,761円

2月 322,954円

3月 289,233円

4月 384,834円

5月 324,956円

6月 323,859円

平均 335,600円

(予算は毎月30万円)

 

特別費

1月 15万円

2月 0円

3月 21万円

4月 2万円

5月 6万円

6月 13万円

残り 33万円

 

支出を減らすのって難しいですね。

健全な家計を目指して頑張ります。