億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


43万円】8月の出費

 

我が家の出費が止まりません。

経済的なストレスから脱しようと2年前から本格的な節制を始めていますが、今年に入ってからは富豪クラスの支出を繰り返しています。

一度上がってしまった水準はなかなか落ちてこない。

 

インフレですか?

多分違う。

 

インフレのせいにしても財政的な解決には導かないので真摯に出費と向き合ってみます。

8月の家計報告です。

1月からの推移と合わせて掲載します。

 

1月 512,401円

2月 322,954円

3月 500,183円

4月 405,779円

5月 383,856円

6月 454,419円

7月 426,000円

8月 434,988円

(年間516万円ペース)

 

8月も43万円でした。

3ヵ月連続で高額水準を維持してしまっています。

 

2022年は毎月の予算を30万円計上し、特別費として年間90万円を確保しています。

 

参考】

2020年 5,044,260円(42万円/月)

2021年 4,663,220円(39万円/月)

 

2022年目標】

4,500,000円(37.5万円/月)

作戦】

毎月の予算 30万円

年間の特別費 90万円

 

 

 

 

作戦もくそもあったものじゃありません。

このままのペースでは年間516万円も使うことになり、最近の3年間で最も高額です。

節約しようとしていて、この状況。

手を緩めたらどこまでも使ってしまいそうだ。

 

高額項目を点検して反省します。

まずは通常の支出について。

1月からの経緯です。

 

1月 367,761円

2月 322,954円

3月 289,233円

4月 384,834円

5月 324,956円

6月 323,859円

7月 285,515円

8月 406,108円

 

通常の出費だけで40万円を超えてしまいました。

12か月分に換算すると488万円ペース。

目標にしている450万円を、通常費だけで軽々と突破しています。

あかんではないか。

 

2万円以上の項目はこちら。

 

食費 17万5千円

教養 8万円5千円

住宅 5万3千円

自動車 3万2千円

 

アッパレなほどに食費に支出してしまいました。

そんなにいいものを食べたっけな。

 

調べてみると、ノンアルコールビールとワインの買い込みにお金がかかっていました。

ノンアルコールビールが3万円。

ワインが2万円。

一度お酒にハマってしまうと、こうなります。

飲むも地獄、止めるも地獄。

水道水で満足できる身体を取り戻したい。

 

それから、外食が4万2円。

これだけで9万円です。

 

そのほか、教養費も通常より3万円ほどかかりました。

歴史漫画シリーズを購入したのです。

子どもたちはあまり熱心に読んでいませんが、面白いので僕が率先して読むようにしています。

そのうち読んでくれればそれでよし。

立派に成長してほしいものです。

 

 

 

 

続いて特別費です。

予算は90万円しかないので大事に使わなくてはなりません。

1月 15万円

2月 0円

3月 21万円

4月 2万円

5月 6万円

6月 13万円

7月 14万円

8月 3万円

残り 16万円

 

今月は長女の自転車を購入しました。

3年間越しの約束なので、むしろいいお金の使い方でした。

こうして行動範囲を広げ、そして親から巣立っていくのでしょう。

 

今年の残りも4か月。

目標を達成するには1ヵ月平均26万5千円しか使えません。

26万円5千円!? 

 

妻がスポーツジムを再開すると言っていたし、なかなか強烈な目標です。

できる範囲で対処しよう。

健全な家計を目指して頑張ります。