億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。会社勤めは辞めました。自分の人生を取り戻すために奮闘中です!


930万円減】投資状況 2022年9月第3週

 

先週の相場は非常に弱気でした。

死ぬほど気が重いですが投資状況を確認します。

不思議なもので数字を把握することで気が楽になるのです。

損失が限定されるからなのでしょう。

下落に背を向けモヤモヤしたまま過ごしてはいけません。

 

それでは先週の投資状況です。

 

930万円のマイナスでした。

衝撃ですね。

サラリーパースンの年収が吹き飛びました。

僕の場合は働いていないので、年収分のマイナスが直撃しています。

 

僕ぐらいの資産額を構築していても組織労働を継続している人もいます。

年収を吹き飛ばすって、その年の労働報酬が無に帰るということ。

マイナスダメージが直撃するよりも、徒労感の直撃インパクトのほうがが大きい気がします。

どうか生き延びてください。

あなたの労働はきっと誰かを幸せにしていますよ。

 

 

 

先週の市場が大きく下げた要因はアメリカの消費者物価指数(CPI)が思ったより低下しなかったことだとされています。

前年同月比で8.3%。

7月の8.5%からは下がっていて2か月連続の伸び率鈍化だったのですが、市場の期待までは下げきれませんでした。

 

政策金利はさらに上がり続けるとの観測がでていて、株価はどこまで下がるのだろう。

というか、もう下がり切っているのではないだろうか。

下がり切っているよね?

下がり切っていてください。

 

来週はFOMCの発表があります。

恐怖に慄き株を手放すときが株価の底です。

このタイミングで逃げ出すことは許されず、僕には耐えることしかできない。

次回も無事にお会いしましょう。