億万長者物語

30歳100万円から運用を始め、41歳現在の投資額は1億4,500万円。不動産事業スタートしました! 人生を取り戻すために奮闘中です。


829万円増】投資状況 2022年11月第2週

 

投資状況の報告です。

 

 

829万円のプラスでした。

 

株式には裏切られることが多く、期待をすることは止めていました。

毎月訪れる重大イベントの前には少し株価が上がるものの、結果が公表されると市場に売り込まれる。

この数か月、繰り返された仕打ちです。

僕の心はボロボロなのです。

 

コロナショックの大暴落で学びました。

悲観してもなにも変わらない。

アルコールに逃げたところで気分は晴れないし、睡眠の質が悪化するだけです。

 

お酒を飲まずに布団に入り、子どもたちとぐっすり眠る。

起床時の株価チェックは控え、身体がすっかり目覚めて心を整えてからポートフォリオを確認する。

我が家には家賃収入が入ってくるし、妻の定期収入も発生します。

幸いなことに現金化が必要になる喫緊の要素はありません。

将来的に増えてくれれば充分です。

 

毎日の株価変動にあたふたすることはないじゃない。

 

 

 

それが!!

どうしたことでしょう!!!

 

米国株がようやく炸裂しました。

中間選挙は市場の期待通りとはいかなかったものの、CPIが想定以上に下がっていてFRBによる利上げペースが緩和されるとの観測が出たためです。

 

たった1週間で7%ほども資産が増えました。

ドルが低下したので円換算の増加額は400万円ほどですが、それでもとてつもない金額です。

 

昨年まではこの規模のプラスが継続していました。

今振り返ってみると、明らかに浮ついた状況でしたね。

その当時に自宅や収益物件を購入し多少の資産を不動産へと移動させておいた自分を褒めてあげたいです。

 

先日、懇意にしている不動産屋から物件の紹介を受けました。

そんなに心惹かれるような条件ではなく購入は考えていませんが、魅力的な収益物件は突如として市場に現れます。

株価の低迷時には売却の誘惑を断ち切って耐え、充分に上昇を遂げたころに不動産へとポートフォリオ割合を移動させる。

 

完璧やないか。

 

いつ現金化しても惜しくないよう、これからの強い株価上昇を願ってやみません。